【SS】イオリ「ガバッ......夢...?」【ヤマトイオリ】
▲▲▲全部▼▼▼
1 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:18:01 ID:b47YMsV0Ri
夜中にひっそりと上げていく...

・ヤマトイオリ中心のSSです。
・キャラの改竄、捏造を多分に含みます。
・その他諸々、あなたが不愉快になる要素があるかもしれません。
・ですが1はSSどころかスレ立ても初めての人間なので許してください

2 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:19:00 ID:b47YMsV0Ri
ーー朝 ばあちゃる学園 教室ーー

ガラガラガラッ

イオリ 「おはよぉー! 間に合ったぁ」

もち 「あ、イオリン! ぎりぎりセーフだねぇ」

イオリ「あっぎりぎり!? よかったぁー 、遅れたらなとなとに怒られちゃうんだった」

もち「もう春だからねぇ、朝起きるのつらいよね」

イオリ「ああそうホントに朝つらくて...ベットがあったかすぎて......あっそうだ」

イオリ「今日、あっ昨日かもしれないんだけど、イオリね夢をみたの」

もち「夢?どんなー?」

イオリ「えっわかんない。ワスレチャッタ」

もち「えっ!?www」

3 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:20:04 ID:b47YMsV0Ri
ガラガラ ピシャッ 「おはよー」

もち「先生きた!イオリンまた後でね」

担任 「はーい出席とるから席ついて〜」

担任「赤木〜、岩槻〜、大井〜...........」

もち「(あぁ〜窓際の席は春の陽射しがぬくいなぁ)」

もち「(おまけにこの清々しい青空、めっちゃ気持ちいい.........ん?)」

担任「...、猫乃木〜」

4 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:23:21 ID:b47YMsV0Ri
※伸ばし棒の波波が反映されませんでした。以下修正します。

5 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:24:32 ID:b47YMsV0Ri
もち「(なにあれ、なんか飛んで......しかも、こっちに向かって来てる!?!?)」

担任「猫乃木?おーい」
もち「伏せて!!!」

ガッシャーン!!!!バリバリバリ

「キャーーーー!!」
「何!?何!?」

???「......... 」キョロキョロ

???「...... 」 グイー

ガシッ
イオリ「キャッ やっ ちょっ」

???「.........飛ブゾ」ジリジリジリ
バギャ゙ューーーン!
イオリ「きゃあああぁああぁあぁぁぁぁぁぁぁぁ............」

6 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:25:20 ID:b47YMsV0Ri
.........


「な、なんだ今の!?」
「でかい武器みたいなのがめっちゃついてたぞ!?」
「イオリさん持ってっちゃったよ!?」

担任「みなさん落ち着いて!! 怪我ある人いますか?」

担任「大丈夫そうね...とりあえず、私は校長に報告に行くから、みなさんはこの教室を出ないように!すぐ戻ります」タッタッタッ



もち「(...あの赤いシルエットは...もしかして......)」

もち「(イオリン......)」

7 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:27:24 ID:b47YMsV0Ri
ーー上空ーー

イオリ「きゃああああああああああああああぁぁぁ!!!」

イオリ「誰ですか!?ちょっとおおお」

???「.......寝ボケテイルノカ?」

イオリ「お、降ろして!降ろしてぇー!」

???「......?」
シューーーー↓グイングイングイン...
ブウウウウウウウウウ...

ズササササササ

ーー地上、何らかのビル屋上ーー

???「...」

イオリ「お、降ろしてくれてっありがとうございますっ」

イオリ「えっとあの、その、誰ですk...」

イオリ「あっっっあなた、兵姫のイオリの後ろにいる人だ!!!」



イオリ「どうしてここに...えっと、どうしてあんなことを...あっそうだ、どうしてイオリにこんなことしたんですか?」

???「.........私ハ、オ前ト共二兵姫を追ッテイタ。ソノ途中、オ前ガ突然消エタ。私ハオ前を探知シ、オ前ヲ連レ出シタ。私達ハマタ、敵ヲ追ワナケレバナラナイ」

イオリ「.........えーと...」

大和武装「...オ前、偽物カ?」

イオリ「えっ偽物!? うーん、確かにイオリは兵姫の大和ちゃんじゃないですけど
...」

大和武装「...ワカラナイ」

イオリ「イオリもわかんない...」

イオリ「...とりあえず、戻らないと、学園に」

大和武装「サッキオ前ノイタ場所カ?」

イオリ「そう!みんなきっと驚いてるから...」

大和武装「ワカッタ」
グイー

ガシッ

イオリ「えっ!?!?」

8 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:28:19 ID:b47YMsV0Ri
ーーばあちゃる学園 昇降口ーー

バタバタバタッガチャッ

ばあちゃる「あっ、ヤマトイオリのお母様、お待ちしていまs...」
ママリン「イオリにッ!!イオリに何かあったっていうのは!?」

ママリン「イオリは無事なんですか!?」

馬「はい、それを説明させて頂くので、とりあえずそこの校長室まで......」ヒュゥゥゥゥゥゥゥゥゥ

ガッシャーン!!!!!!ガタガタ

ママリン「ヒャッ」

ズゥゥゥゥーン.........

馬「これは.........」


イオリ「...うーっ、やばーい......」

ママリン「イオリ!?!?」

イオリ「あっお母さん!」

9 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:30:54 ID:b47YMsV0Ri
ーーばあちゃる学園 校長室ーー

ママリン「......つまり、貴方は、少女兵姫大戦の世界から、敵の兵姫を追ってこの世界にきて、そしてそこではぐれてしまった兵姫の大和と間違えて、イオリを連れていこうとしたんですね?」

大和武装「...」

イオリ「...おじさん?」

大和武装「...」

イオリ「ねぇおじさん!」

大和武装「...おじさんトハ、私ノコトカ?」

イオリ「そうだよ、お母さんのお話...あってますか?」

大和武装「アア、合ッテイル。私ハ大和を探シテイタ」

ママリン「そうですか...」

イオリ「うーん、でもおじさんは、どうやってこっちの世界?に来れたの?」

大和武装「追ッテイタ兵姫...アレハ様子ガオカシカッタ。向コウハ私達ノコトヲ知ッテイタヨウダガ、私ハアノ兵姫ヲミタコトガナカッタ。私ト大和ハ領地デアイツヲミツケタガ、アイツガ黄色イ石ヲ掲ゲルト、ソコニハ黒イ渦ガ広ガリ、アイツハ中ニ逃ゲタ。私達はソレヲ追ッテ渦二飛ビ込ミ、結果私ハコノ世界ニ来タ」

馬「(じゃあその敵の兵姫もこの電脳世界に来ている可能性があるってことか...やばーし...)」

イオリ「...兵姫の大和ちゃんは、どうしていなくなっちゃったんだろ」

馬「あーイオリンそれはねイオリn...イオリさんが兵姫の大和とパーソナルデータが共通だからねこの電脳世界では同じデータのキャラクターが2種類以上存在することが仕組み的に絶対無理なんですねー、だから多分そういう理由で大和ちゃんはもとの兵姫世界に戻されちゃったんですねー多分」

イオリ「ん?あっなるほど...」

イオリ「じゃあイオリは兵姫の大和ちゃんと同じってこと?」

10 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:31:31 ID:b47YMsV0Ri
馬「ん?まぁ、データ的にはそうですねー。だからイオリンの見た目は大和とおんなじだし、大和の武装がイオリさんを探知したり言うことをきいたりしたんですねー」

ママリン「あの...これから、どうするんですか?」

馬「...そうですね...まずは、私達の学園の方で、今回起こっていることを調査することと、今電脳世界にいるかもしれない兵姫を捜すこと...あと同時に武装の彼を元の世界に戻す方法を探ることですかね」

イオリ「元の世界に戻れるまで、おじさんはどうするの?」

ばあちゃる「うーん...とりあえず学園の使っていない教室にいてもらう他ないかな...」

イオリ「そしたら、イオリのお家に来るのはどうかなぁ」

馬「!?」

馬「いやいやいやイオリン?あぶないよそんなことにしたら」
イオリ「でも学園にいたらそれもあぶないかもしれないし、それにおじさんはイオリの言うこと聞いててくれるんでしょ?」

馬「いや、でも」
イオリ「ママ、ダメかなぁ」

ママリン「...イオリはそうしたいのね?」

馬「ママリン!?」

ママリン「彼、悪気があってあんなことしたわけじゃなかったみたいだし...イオリも怪我はなくって...それに校長」

ママリン「私は...イオリの元になった子のことをあまりよく知らないんですが...でもきっと他人事じゃない気がするんです。お願いします。私が常にイオリといっしょに見張っていますから」

馬「...」

馬「(確かに...イオリンの近くで常に言うことを聞かせているのが寧ろ一番安全なのかもしれない...)」

馬「...わかりました」

馬「ですがくれぐれも無理はしないでくださいね」

イオリ「やったー!ありがとう馬P!」

大和武装「.........」

11 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:33:58 ID:b47YMsV0Ri
ーー昼 ヤマト邸ーー

イオリ「こっちの畳の部屋とか広くていいんじゃないかなー、どうですか?」

大和武装「...問題ナイ」

イオリ「よかった、じゃあうーんと、なにか飲み物とか飲みますか?」

大和武装「私ニ飲食ノ必要ハ無イ」

イオリ「そっかぁー」

イオリ「...馬Pに家にいてって言われたけど、暇になっちゃったなぁ」

イオリ「おじさんゲームとかするー?そうだなぁ...すごろくとかできますか?」

大和武装「.........ルールハ知ッテイル」

イオリ「じゃあやろう!すごろくどこだっけなー?」

ーー昼過ぎ ヤマト邸ーー

ピンポーン
「「お、お邪魔しまーす」」

ママリン「いらっしゃーい」

イオリ「あっめめめちゃんとなとなとー!!」

めめめ「お見舞いに来たよー」

イオリ「ありがとー!でもイオリ病気じゃないよ」

なとり「でも心配したんですよー!イオリさん元気そうでよかったです」

イオリ「ありがとう!心配かけてごめんねぇ」

イオリ「あっ今人生ゲームやってるんですけど2人もやるー?」

なとり「あっやりますぅー!今は誰とやってるんですか?」

イオリ「今はねー、ママリンとおじさんだよー」

めめめ「えっおじさんって?」

大和武装「...」ガシャ

なとり「えっ動いた?」

イオリ「ねー、おじさん!」

大和武装「.........アァ」

なとり&めめめ「しゃべったああああああああ」

12 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:35:56 ID:b47YMsV0Ri
ーー日暮れ ヤマト邸ーー

バタンッ ドンッガタガタタガタ
パパリン「イオリは無事かぁああああ」

イオリ「あっおかえりなさい!」

めめめ&なとり「お、お邪魔してます」

パパリン「...何やってるの」

イオリ「モノポリーだよ」

めめめ「お父さんも帰ってきた頃だし、私達もね、そろそろ帰ろうかなー」

なとり「そうですね、」

イオリ「もう帰っちゃうのー」

ママリン「今日は来てくれてありがとうね」

なとり「いえ、ありがとうございます!」

イオリ「そっかぁー、じゃあまた来てね!」

めめめ「うん、今日はありがとう!おじさんも!」

パパリン「おじさん?僕?」

なとり「じゃあ、お邪魔しましたー!」
めめめ「またねー!」

パタパタパタ カチャン





パパリン「...............あの......」

イオリ「ほら、挨拶して?」

大和武装「コンバンハ」

パパリン「しゃべったああああああああ」

13 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:37:06 ID:b47YMsV0Ri
ーー夜中 ヤマト邸ーー

イオリ「イオリもう寝るんだけど、おじさんもここで寝る?」

大和武装「私ニ睡眠ハ必要ナイ。私ハ戦ウコトノミヲ目的ニ造ラレタ存在。人間ノ持ツ無駄ナ機能ヲワザワザ備エテイナイ」

イオリ「そっかー、えーでも寝るのってすっごい体にいいんだよ?」

大和武装「...私ハアノ広間デ夜ヲ更ス」

イオリ「そっかじゃあ、テレビとか本とかみていいからね」

大和武装「(テレビ?)......ワカッタ」

イオリ「..............色々、命令してばっかりでごめんね」

大和武装「?」

イオリ「おじさんも今日すっごく大変だったと思うから、ゆっくり休んでてね」

イオリ「おやすみなさい」
パタパタ カチャン

大和武装「.........」

14 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:39:50 ID:b47YMsV0Ri
イオリ「(今日は色々あったなぁ...)」

イオリ「(おじさん...今日ゲーム楽しかったかなぁ)」

イオリ「(きっと...兵姫の大和ちゃんがいなくて寂しいだろうな...)」

イオリ「(..................イオリは兵姫の大和ちゃんを元にうまれた......)」

イオリ「(データが同じなら、後にうまれたイオリは偽物になっちゃうのかな.........)」

ーーーーーーーー

大和武装「(......ヤマトイオリ)」

大和武装「(彼女ハ大和デハ無カッタ)」

大和武装「(彼女ハ戦ヲ知ラナイ...彼女デハ......戦エナイ.........)」


大和武装「(.........)」

イオリ『おじさんなんでそんな6ばっか出るのー!ずるいよー』

イオリ『おじさんまた1番!?すっごーい!!』

大和武装「......」

大和武装「(.....ヤハリ大和デハ無イナ)」

15 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:41:03 ID:b47YMsV0Ri
ーーヤマト邸ーー
イオリ「...スゥ....スゥ.......」

イオリ「.........う、うーん...」ゴソゴソ

イオリ「...今...何時...」チラッ

イオリ「えーーーっ11時!?!?」

イオリ「(やばいやば......あっ)」

イオリ「イオリ今日学校行かないんだっけ...」

ーー畳の広間ーー

イオリ「...おじさんおはよー」

大和武装「早イナ」

イオリ「えー...あんまり早くないと思うけど...」

イオリ「おじさんずっとここにいたの?」

大和武装「アァ」

イオリ「えー!?テレビ見ていいって言ったのにー」

大和武装「...問題ナイ。昨晩ハヨク休ムコトガデキタ」

イオリ「!よかったー!!」

ーー朝食後ーー

ママリン「せっかくだから、兵器さんに庭の掃除手伝ってもらいましょうよ」

イオリ「えーおじさん大変じゃない?」

大和武装「問題ナイ」

ママリン「決まりね!」

16 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:43:03 ID:b47YMsV0Ri
ーーヤマト邸 庭ーー

イオリ「おじさん見てー!桜の木だよ!もう既にちょっと咲いてるでしょ?」

イオリ「キレイだねー!」

大和武装「アア.........」

大和武装「............大和ハ.....兵姫ノ大和ハ桜ガ嫌イダッタ」

イオリ「えぇー!?どうして?」

大和武装「桜ノ木ノ下デ寝テイルト、上カラ虫ガ降ッテクルラシイ」

イオリ「あぁー確かにー!」

イオリ「......イオリね、昨日決めたんですけど」

イオリ「おじさんにもっと兵姫の大和ちゃんのこと聞きたいなって思うの」

イオリ「だから庭のお掃除しながら、大和ちゃんのお話聞かせて欲しいなって思うんだ!」

大和武装「...ワカッタ」


ーーーーーーーー
イオリ「...おじさんの手についてるやつ、中はどうなってるの?」

大和武装「...コノ小型三連大砲ハ、内部ニレーダー射出用装置等ガ入ッテイル」

イオリ「...なんか息を吹き入れたら音とかなるんじゃないですか?」

大和武装「...コレハ笛デハナイ」

イオリ「でもなんか、楽器の管みたいだと思う、イオリのサックスにも似てる気がする...」

イオリ「あっそうだ、イオリ部活でサックスって楽器吹くんだけどね?大和ちゃんはなにか楽器演奏したりしてるの?」

大和武装「大和ハ...ヨク一人デ龍笛ヲ吹イテイタ」

イオリ「りゅうてき?聞いたことあるような...」

大和武装「...高イ音ノ横笛ダ」

イオリ「横笛かぁ...イオリ縦の笛しか吹いたことないかも」

大和武装「アイツハヤルコトガナイト、寝テイルカ、笛ヲ吹イテ暇ソウニシテイタ」

イオリ「へぇーそうなんだ!」

17 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:47:14 ID:b47YMsV0Ri
ーー放課後 イオリ邸 畳広間ーー

イオリ「あー!! ふーちゃんとたまちゃん、きそきそちゃん!」

たま「やっほーイオリン遊びに来たよー!」

イオリ「ありがとー!!」

双葉「お邪魔しまーす...あっこれが兵姫の武装さん?おっきーい!こんにちはー!」

大和武装「...」

イオリ「まだ時間早いですけど、3人とも生徒会は大丈夫なの?」

たま「ん?ああ全然大丈夫だよ。今日はたまたま珍しく仕事無かったからね!」

あずき「...そもそも毎日雑務で忙しい生徒会なんて創作の中にしかありえないですからね」

たま「あずきちゃんはそういうこと言う」

18 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:47:25 ID:b47YMsV0Ri
双葉「あれ?気のせいかな...なんか前来た時より部屋が片付いてる気がするー」

イオリ「あっそうイオリね今日朝すっごい暇だったから、おじさんとママリンでお庭とお部屋の掃除してたのー!すごいよく気づいたね!」

イオリ「おじさんすっごい力強くて高いところとかめっちゃ届いたりしてすごいんだよー!」

双葉「イオリちゃんめっちゃおじさん使いこなしてるね...」

たま「あっそうだ!馬Pの伝言!

馬『ハイハイイオリンねー学校行けなくってごめんねーハイハイ今度にちゃんと補講組んどくからねーハイハイ』

だってー!」

イオリ「そっか補講かぁ...先生と2人で授業...」

たま「心配すんなって。イオリンと一緒に学校行ったげるから」

イオリ「ホントにー!?ありがとー!!!」

たま「いいってことよ!同じアイドル部でしょ?」

双葉「それにイオリちゃんが学校いけないのもきっとすぐ終わるよ!」

あずき「ばあちゃるさんずっと忙しくしてたから、多分今色々手は打ってると思います」

イオリ「みんな...ホントありがとう」

たま「だからほら、元気だしてね」



たま「ねぇゲームしよー?私牌持ってきたんだよ〜」

イオリ「えっイオリ麻雀あんまできないかも...」

双葉「ふーちゃんも...」

たま「まあ知ってた 」
たま「イオリン何かしたいことあるー?」

イオリ「えっじゃあ桜見てほしいかなー!庭にあるんだけどねー...」

19 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:50:12 ID:b47YMsV0Ri
ーー夜 イオリ邸 夕食前ーー

テレビ『ーーーー次のニュースです』

テレビ『今日未明、○○○エリアで不審者が発生しました』

パパリン「あれ、これイオリの学校のすぐ近くじゃないか?」

テレビ『被害数は確認されたところで14件に登りましたが、いずれも怪我はありませんでした』

テレビ『不審者は、出処不明の重火器のようなもので被害者を脅し、仕切りに「黒髪で無口の男を知らないか」などと仕切りに尋ねたということです』

パパリン「なんだか変な犯人だなぁ」

テレビ『不審者は身長約160cm、推定17から20歳の女性で、現在逃走中です』

テレビ『現在○○○エリア周辺では警備が強化されており、同時に周辺住民に注意が呼びかけられています』

テレビ『次のニュースです...』

パパリン「こわいねぇ...たまたまだけど、イオリが学校に行かなくて済んでてよかったかもな...」

パタパタパタ
ママリン「はーいご飯できたからパパはイオリたち呼んできてー」

20 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:50:28 ID:b47YMsV0Ri
ーーーーーーーー

「「「「いただきまーす」」」」

パパリン「いやぁすごいなぁ。帰ってきて驚いたよ、あんなに庭が綺麗になってるなんて!」

パパリン「隅から隅まで...木の高いところまで整えられてて...本当にありがたいよ!」

イオリ「だっておじさん!」

大和武装「アア」

イオリ「そんなえらいおじさんには、イオリのきのこソテーをちょっと分けてあげます」

大和武装「イヤ、私ニ飲食ノ必要ハ...」

イオリ「きのこ嫌いなの?」

大和武装「イヤ、ソウデハナクソモソモ...」

イオリ「大丈夫!きっと食べたらおいしいよ!ほら!」グイグイ

大和武装「チョット待ッ... 」モゴ
モグモグ

イオリ「どう?美味しいでしょ?」

大和武装「......アア、美味シイ」

イオリ「でしょー!もうきのこしか食べたくないってくらい美味しいよね!」

大和武装「......アア」

イオリ「そんなおじさんには、もっと分けてあげます」

大和武装「!?エッイヤ待ッ」モゴー

21 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:51:02 ID:b47YMsV0Ri
ーー夜中ーー

イオリ「じゃあもうイオリ寝るね」

大和武装「アア」

イオリ「...おじさんごめんね、今日もイオリの家で。きっと寂しいよね」

大和武装「....?」

イオリ「明日は馬Pに電話して、色々わかったこととか聞いてみようね!」

イオリ「イオリもおじさんが家にいるうちは頑張るから!ね!」

イオリ「おやすみなさい!」
パタパタパタ

大和武装「...」

22 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:51:59 ID:b47YMsV0Ri
ーーばあちゃる学園 深層ーー

カタカタカタ
馬「(うーん、やっぱここが使われた痕はないですね〜...)」

馬「(ここを通じずにあっちの世界から...しかもデータが兵姫ベースのままこの電脳世界に来るなんて...)」

馬「(まじイレギュラーで、嫌な予感しかしないっすね〜...)」

カタカタカタ
馬「(とりあえず一刻も早く兵器を元の世界に戻せるようにしとかないとですね〜)」

馬「あぁ〜やばーしやばーし」

23 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:53:14 ID:b47YMsV0Ri
ーー深夜 ○○○エリア ーー

トコトコ
警備の警官「さすがにこの時間は人少ねぇなぁ」

警備「(ん...向こうに人影...女の子か)」

警備「(ただの不用心娘か..いや、念のため一度離れて応援を...)」
???「ねぇ」

警備「なっ」

???「あのぅ知りませんか?黒髪短髪で無口の男...」

警備「お前!動くな!」 シュッ カチッ

???「...あの...聞いてるんですけど...」

???「...ピストル...」

???「......それじゃ勝てないと思うよ?」

24 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:55:30 ID:b47YMsV0Ri
ーー次の朝 イオリ邸ーー

ママリン「...イオリー、起きてるー?来てちょうだーい!」

イオリ「.........ちょっと待ってぇ」

パタパタパタ
イオリ「どうしたの?」

ママリン「なんかね?ばあちゃる学園の近くで夜に大変な事件があったみたいでね?」

ママリン「警備してた警察の人達が襲われたらしいの」

イオリ「そうなの?」

ママリン「うん、ママもさっき学校の人から電話があって初めて知ったんだけど。それで学校も今日はお休みになったんだって!」

大和武装「......兵姫ノ仕業ダ」

イオリ「えっそうなの!?でもわかんないと思うよ?」

ママリン「いや、多分そうね。犯人が兵姫の武器みたいなものを持ってたみたい」

イオリ「え!?ホントに!?そうなの......」

イオリ「.........」

大和武装「.........ツイニ動キダシタ」

大和武装「...兵姫ハ往々ニシテ戦イヲ求メル。キットマタスグ現レル」

ママリン「......とにかく、今日1日イオリは絶対家から出ちゃダメだからね?」




イオリ「...おじさんは、来る時その兵姫と戦ってたの?」

大和武装「アア」

イオリ「おじさんは...大和ちゃんの代わりに、イオリと一緒でも戦える?」

25 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:55:59 ID:b47YMsV0Ri

ママリン「!イオリ!?絶対ダメよ!何言ってるの!」

イオリ「でも.........その...敵の兵姫さんが大変なことしてるって」

ママリン「イオリがなんとかしなきゃ行けない問題じゃないわ!今きっと警察とかばあちゃるさん達が頑張ってくれてるから...」

イオリ「でも...でもイオリが...」

ママリン「でもじゃないの!!!」

大和武装「確カニ、」

大和武装「確カニイオリハ大和ノデータヲ持ッテイルカラ、オソラク大和ト同様、私ヲ装備スルコトガデキルダロウ」

大和武装「シカシ、オ前ハ大和デハナイ」

大和武装「オ前ハ兵姫デハナク、戦ッタ経験モナイ」

大和武装「ダカラ、私ガオ前ト戦ウコトハナイ」

イオリ「......そっか」

イオリ「.........イオリ、どうしたらいいんだろう」

ママリン「イオリ......大丈夫よ、きっと大丈夫」

ママリン「まずは、朝ごはん食べてゆっくりしなさい」

ママリン「そしたらばあちゃるさんに話を聞いてみましょう」

26 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:58:14 ID:b47YMsV0Ri
ーーーーーーーー

ママリン「はい...はい、はい...そうですか...」

ママリン「あっそれならイオリに話を聞いてあげてください。 ほらっイオリ」

イオリ「...もしもし?」

馬『ハイハイ元気ですかーイオリーンハイハイ』

イオリ「イオリは元気だよー」

馬『ホントっすかー!それはよかったっすねー!ホントもう元気が一番ってねー元気があればなんでも出来ますからねーハイハイ』

イオリ「うん...でも、イオリ、何にもできないかもしれない...」

馬『えっどうしたんすかイオリン!』

イオリ「イオリね...兵姫じゃないから、大和の代わりできなくて...」

イオリ「困って...痛くなっちゃってる人がいるのに...何にもできないから...」

馬『............イオリン』

馬『イオリンは、兵姫じゃない』

馬『イオリンはイオリンなんすよ!』

馬『確かにデータは同じところがあるんですけど、それは決してイオリンが兵姫のコピーだってことじゃない』

馬『だってイオリンは、兵姫の大和と全然違うし、兵姫が持ってないものをたくさん持ってるんですから』

馬『ばあちゃるくんの知ってるイオリンはばあちゃる学園の生徒で、優しい家族がいて、お話が大好きで、そしてアイドル部の一員なんですよ!』

馬『そして、みんなはそんなイオリンのそのままが、大好きなんですよ!!』

イオリ「.........!」

27 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:58:26 ID:b47YMsV0Ri
イオリ「馬Pぃ....ありがとう..」

馬『だからね、安心して.........あっちょっ今イオリンと通話ty『貸してー!』

???『いやぁーたまには馬Pもいいこと言うねぇ〜』



イオリ「!ごんごんちゃん!」

いろは『やっほー!』

イオリ「どうして馬Pと一緒なの?」

いろは『あっそう酷いんだよ馬P、いろはにだけ学校休みって教えてくれなかったのー!(気づかなかっただけだけど)』

イオリ「そうなんだー!」

いろは『そうそう...で、馬Pに話聞いたんだけどさ』

いろは『その敵の兵姫?絶対怪しいじゃーん!』

いろは『とっちめてやったらきっとその兵器さんが元の世界に戻る方法も見つかるんじゃない?』

イオリ「確かに...でもどうやって捕まえるの?」

いろは『え、わかんなーいw』コッコッコッ

いろは『でもそれはこれから考えようよ、みんなでさ!』

28 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 03:59:16 ID:b47YMsV0Ri
ーー昼前 イオリ邸ーー

ちえり「イオリちゃんやっほやっほー!」

りこ「イオリンお邪魔しまーす!」

イオリ「きゃーーーー!!!!!!アイドル部皆いる!それに馬Pもー!」

馬「ハイハイハイもう皆イオリンの為に集まってくれたんですねー!」

イオリ「みんな...みんなホントにありがとう!!」

ピノ「イオリお姉ちゃんの相談なら私に、私達に任せてください!」

なとり「まずは、もう一回ちゃんとお話を聞いて、その後て皆で知恵を絞りましょう!」

ーー畳の広間ーー

もち「...と一通り状況把握はできたね...」

ちえり「なんとか敵の兵姫をとっ捕まえてやれねぇかな...」

双葉「正面から行ったら...絶対やられちゃう」

たま「○○○エリアの現場、アスファルトがめちゃくちゃらしいもんね...」

すず「あの、その大和の武装の方は、兵姫なしで戦えるんですか?」

大和武装「...私ノ装備ハ兵姫ガ操縦スルヨウニ造ラレテイル。私一人で兵姫ト戦イ、勝ツノハ...難シイ」

りこ「つまり、私達は兵姫と戦わずして勝たないといけない」

ピノ「うーん....難しいですね...」


ガタッ

いろは「お、すずちゃん急に立ち上がって!何か思いついた!?」

すず「いや...今私兵姫装備を持っていたら...と思って」

いろは「すずちゃん...」

あずき「...すずさんなら、普段からミサイルポットとか打ち出してそうですけどね........」



めめめ「(すずちゃんの...ミサイルポット......)」


ガタッ
めめめ「あっっっっっっっ!」

もち「どうした!?」

めめめ「.........思いついたかもしれない」

双葉「おお!」

めめめ「...いや...でも今から今日の夜...間に合うか...」

馬「みんなで間に合わせましょう!めめめ教えてください!」

めめめ「わかった...じゃあ...話すね...」

29 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 04:01:15 ID:b47YMsV0Ri
ーーイオリ邸ーー

りこ「なるほど!」

馬「うーん......もうそれしかないっすね!」

馬「もう、ばあちゃる君の人脈を総動員して取り掛かりますよ!」

めめめ「めめめも手伝う!」

馬「そうっすねーアイドル部のみんなにもめめめの手助けとかやってもらいましょうかね!」

あずき「...じゃああずきはパソコンいじります」

馬「え?」

あずき「その作戦...敵が出てくる正確な位置が必要...と...思います」

あずき「だからてる電脳世界のデータから、今夜敵が来る位置を予測する必要があるですよね...?」

馬「!にゃぁるほど...」

あずき「ほら、あずきプログラミング部だから、そこの設定生かそうかなって...索敵は別にプログラミングじゃないですけど」

りこ「牛巻も、プログラミング部じゃないけど、手伝うよ!」

馬「ふたりとも、それなら一旦ばあちゃる君と学園に戻って、そこの設備を使ってもらいましょうかねーハイハイ」

馬「じゃあ皆頑張りましょう!」

「「えい!えい!おー!!」」

30 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 04:03:30 ID:b47YMsV0Ri
ーー夜 ○○○エリアーー

もち「着いたー!今晩の出没予測エリア!」

なとり「なんとか間に合いましたね...」

たま「じゃあもうみんな定位置にスタンバってようか」

ちえり「そうだねーみんな、頑張ろうね!」

馬「でもホントにみんな無茶しちゃダメですからねー危ないとちょっとでも思ったらすぐ、もう、すぐ逃げてくださいねホント」

たま「馬P今既にもうだいぶ無茶やってるよw」

馬「ホントそうなんですけどね...マジでねーホント」

すず「大丈夫ですよ、殲滅するんで」

双葉「すずちゃん!?違うよ!?」

ーーーーーーーー

大和武装「...」

イオリ「...おじさん、大丈夫?」

大和武装「...アア」

イオリ「...イオリね、勘違いしてたかもしれない」

イオリ「イオリ...おじさんが寂しくなると思ったから、頑張って大和ちゃんの代わりになろうとしたけど...でも、でもね、イオリはイオリだったの」

イオリ「兵姫の大和ちゃんじゃなくて...ごめんね?」

大和武装「...オ前ハ兵姫ジャナイ...」

大和武装「...オ前ハ兵姫ジャナクテイイ」

大和武装「オ前ハ、ソノ方ガイイ」

イオリ 「うん...ありがとう!」




ーーーーーーーー
ピノ「来ましたよ!!!!!!」

31 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 04:12:19 ID:b47YMsV0Ri
ー深夜 ○○○エリアーー

???「(...さすがにもう人いないなー)」

???「(...結局手がかりはゼロかぁ)」

???「(何の準備もなく来ちゃったもんなー...)」

???「(どうしよっかなぁ.........ん?)」

???「(道路の真ん中に女の子が1人...)」

???「(不用心すぎるだろ...まぁいいか)」



ポンポン
???「ねぇお嬢さん、黒髪で無口な男知らない?」

ちえり「は?そんなのどこにでもいるだろ」

???「(口調悪ゥ...)そんなこと言わないで...思い出してよ」ジャキッ

ちえり「......っ 知るかよ」ダッ

???「あっ逃げないでぇ...ん?」




「そこまでだ...ですよ!!」




???「ん...あなた、もしかして大和!?ここまで追ってきたの!?」

イオリ「そうですよ!大人しく捕まってってください!」

イオリ「さもないと...おじさんが黙ってないですからね!」

???「マジか...」

???「でも...ここまで来て、また逃げるのも癪です...」

???「いい加減...戦いましょうか...。今なら...勝てる気がする...」

「待ちなさい!!」

???「!?この声は...」

32 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 04:13:12 ID:b47YMsV0Ri
すず「忘れたか?私のことを...」

???「神楽!?何故ここに!?」

すず「私だけじゃないですよ」



たま「多摩だよ!いっくぞー!」

りこ「バッファローちゃんがぶっ飛ばしちゃうよー!」

ピノ「P40、いきますわ!」

いろは「金剛デース!金剛デース!」

なとり「名取が風紀を正しますよ!」

双葉「北上だよ〜頑張るよぉ〜」

めめめ「戦艦もこ田、発進!」

もち「ヘルキャット、まじパネェしっしょ!」

あずき「木曽...超特急と思います...」

33 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 04:18:46 ID:b47YMsV0Ri
ーー物陰ーー
コソコソ
馬「(私達の作戦は...私の知り合いや、めめめさんとみんなでモデリングしてつくったコスチュームで、アイドル部が兵姫になりすましちゃうぞ大作戦!!)」

馬「(どうか、上手くいってくれ...!)」
ーーーーーーーー

???「なんだこれは!?こっちの世界には兵姫はいないはずじゃ...」

すず「あなたには...じっくり話を聞かせてもらいますよ...」

すず「それとも...ここで抵抗して...灰になりますか?」

???「(な、なぶられる......!)」

???「くっっそーーーーー!!!!!!」バッ

もち「あっ黄色い石!」

バリバリバリィ!!!ビカッ!!!!!

たま「きゃっ」

双葉「渦が出てきたー!」

???「逃げる!さよなら!」シュンッ

りこ「あっ待て!」

なとり「行っちゃった...」

あずき「...でも今武装の方がこの渦に飛び込めば、元の世界に戻れるんじゃないですか?」

ちえり「確かに! イオリン!」

イオリ「おじさん!」
大和武装「アア...!」ダッ

双葉「ねぇ...だんだん渦小さくなってない?」

めめめ「おじさん急いで!」

イオリ「おじさーーーん!バイバーーーイ!またねーーーー!」

大和武装「......」

大和武装「.....」

大和武装「...皆、アリガトウ」
シュンッ

イオリ「おじさーーん、またねーーー!!!!」

34 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 04:18:57 ID:b47YMsV0Ri
バリバリバリィ パチュン!

いろは「渦なくなったねー」

なとり「ふぅぅぅぅ」

もち「これは...成功じゃない?」

めめめ「捕まえられなかったけど、ふたりとも元の世界に戻ったもんね!」

馬「...フゥフゥフゥみんなお疲れー!ばあちゃる君ずっとねぇ物陰から眺めてたんですけどねハイハイ」

たま「何wそwのwラwスwボwスwムーブw」

馬「まぁ何はともあれねぇみんな無事で全部オールオッケーって感じじゃないですかねハイハイハイ!」

もち「成功だーー!やったーーー!!」

「やったーーーーーー!!!!!!」

35 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 04:20:20 ID:b47YMsV0Ri
ーー後日 ばあちゃる学園 校長室ーー

ママリン「...何がともあれ、解決してよかったです」

馬「ええ...イオリさんと、彼女の友人達のおかげです」

ママリン「はい...夜中に犯人に会いに行くことになったときはどうなることかと思いましたけど、でもイオリの友だちの子達は、一生懸命イオリのことを考えてくれて、しかも事の解決までしてしまうなんて...イオリは本当にいい友人を持ちました」

馬「はい!」

ーー教室ーー

イオリ「うーんこの問題難しいな...」

たま「イオリンそれはね...」

イオリ「たまちゃんすごーい!天才!」

たま「まぁ私達は1回授業受けてるからね」

イオリ「でもありがと〜!」

たま「まぁね、生徒会長の手にかかれば、1時間の補習をテキスト5ページと私たちの付き添いで済ませるなんてね、朝飯前なんですよ!」

あずき「......そんな権力を持った生徒会長なんて...」

たま「あずきちゃんストーップ!」

イオリ「...おじさん今頃どうしてるかなぁ」

双葉「...きっと兵姫の大和ちゃんとまたうまくやってるよ!」

イオリ「そうだといいな!......イオリね、みんなさんとの配信で、おじさんに出てもらおうと思うの」

双葉「え!?どういうこと!?」

イオリ「イオリがおじさんの絵を書いてね...。おじさんのこと、みんなさんにも知って欲しいの!」

たま「面白〜い! イオリンらしくていいね!」

イオリ「えへへ〜ありがとう!」

たま「うん!でーもー、今は次の配信より、テキストやらなきゃね!」

イオリ「はい!たま先生!」

たま「よろしい、じゃあ次の問題は........」


おわり

36 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 04:25:55 ID:b47YMsV0Ri
以上です。思った以上に長くなってしまった...
もし最後まで読んだという方がいらっしゃったら、すごくすごいです。ありがとうございます!
途中まで読んでくれたという方もありがとうございます。スレを開いてくれただけでも嬉しいです。
本当に、ありがとうございます!!


最後に、蛇足として、順番間違えて上げ損ねた奴を貼っておきます

37 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/19 04:29:50 ID:b47YMsV0Ri
ーーめめめとなとりの帰り道ーー

なとり「聞いて思ってたよりめっちゃ元気そうでしたねイオリさん」

めめめ「そうだねぇ。馬Pすっごい心配してずっとそわそわしてたから、ほんとにイオリの身が危ないのかとどぎまぎしてたもん。ほんとよかったぁ」

めめめ「聞いてた兵姫のおじさんも、恐ろしいどころか、イオリンに圧されてたじたじだったねぇ、めっちゃすごろく強かったし!」

なとり「まあ、正直最初におじさんをみたときはちょっと怖かったですけど、実際ぜんぜん怖くなさそうでしたし」

なとり「...最初叫んだりしちゃって悪いことしたなあ...」

めめめ「うん...また今度に謝ろうか」

なとり「...うん、そうですね!」

ーーーーーーーー
(蛇足の蛇足)
途中でなみなみ伸ばし棒「〜」を修正しわすれたところがあります。すいません。「ー」か、なみなみ伸ばし棒で脳内補完してくれていたら、ありがたいです。

38 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2019/03/19 05:13:21 ID:f3N./m46F8
ええ話や

39 名前:名無しさん[age] 投稿日:2019/03/22 15:14:55 ID:Mf6ZV5spqm
良い話だなー
戦艦もこ田に疑問を抱かなかったあたり大和ちゃんも天然な可能性が…?

▲▲▲全部▼▼▼
名前 age
コメント
画像ファイル


- WEB PATIO -